スタッフその1のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 26時間 往復1000kmの旅

<<   作成日時 : 2008/08/17 16:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

自分のルーツをだどって、香川県の琴平まで行ってきました。
スタッフその1です。

母方の実家へお盆の挨拶へ行った帰り、ふと父親のことを考えました。
父方の祖父母は、残念ながら2人ともすでに他界。
親父の生家があった門司(福岡県)には、もう誰も住んでいません。

父方の祖父母のお墓は門司ではなく、琴平(香川県)にあります。
そこには我が家系の宗家があり、代々のご先祖様が眠っています。

〜前記事のブログを書いた後〜

明日は(8月15日)は父親の誕生日。ちょっと驚かせてみよう。

ということで、親父には内緒で墓参り決行!!
思い立ったのが8月14日の22時。
ルートを探索し、準備を終えてNSXに乗り込み福岡を出発したのが23時30分。
「思い立ったら即行動」がモットーです。

琴平までのルートですが
以前、東京から四国・九州を制覇したときに使用した別府(大分県)⇔三崎(愛媛県)のフェリーも考えましたが、
今回は素直に瀬戸大橋を渡ります。(料金が高いのが玉に瑕…)

●ルート
福岡から岡山県の倉敷までは一般道をひたすら走ります。
瀬戸大橋を渡り、香川県へ。そこからまた一般道で琴平を目指します。
帰りは香川県から瀬戸大橋に乗り、高速道路でゆっくり福岡を目指しました。

ここからは時系列で書いていきます。では、26時間/往復1000kmの旅、スタート!

8月14日(木)23時30分
なんとも言えない高揚感と使命感に胸を膨らませながら福岡を出発。
国道3号線に乗り、関門海峡がある門司を目指します。
とりあえず、先日のママチャリGPで景品として貰った栄養ドリンクをグイっと飲み干します。

8月15日(金)01時00頃
門司(福岡県)、関門トンネル入り口に到着。
入り口に魚の絵が書いてありました。今年で開通50周年だそうです。
門司には親父の生家があります。
小さいころ、親父はチャリでこの関門トンネルをとおり、下関(山口県)の市場まで遊びに行っていたそうです。

画像


トンネルに入る前に小休憩。これから長い道のりですが、NSXには頑張ってもらいましょう!
ということで、一枚☆

画像


8月15日(金) 03時30分頃
関門トンネルを抜け、本州に上陸。ここからはひたすら国道2号線を走ります。
広島県 宮島 通過。
以前、東京から山陽・山陰を制覇したときに訪れたことがあります。
ここの近くに「むさし」というおにぎり屋さんがあり、
「山賊おにぎり」というおにぎりがとってもおいしかったのを記憶しています。
今日はもちろん素通りです。

8月15日(金) 05時30分頃
だいぶ空が明るくなってきましたが、新幹線の東広島駅付近で力尽きる。仮眠。。。
前日、福岡⇔久留米を走り、なおかつ母方の実家にも行ったため、実は結構疲れていたみたいです。

8月15日(金) 07時00分頃
休憩終了、復活!!
NSXの中で寝るなんて、納車されたときにあまりのうれしさに車の中で一晩明かした以来でした(笑)
倉敷(岡山県)目指してレッツゴー!

8月15日(金) 10時00頃
瀬戸大橋入り口に到着。これからいよいよ四国へ渡ります。

画像


東広島から思いのほか時間がかかってしまいました。
途中朝ごはんを食べたり、明るくなって周囲の交通量も増加し、うまくスピードに乗れませんでした。


8月15日(金) 10時10分頃
瀬戸大橋を渡っています。

画像


美しい斜張橋です。
助手席の窓からは瀬戸内海に浮かぶ島々が見えます。

画像


運転席のサイドミラーには通り過ぎた橋が見えます。

画像


8月15日(金)10時30分頃
無事に瀬戸大橋を渡りきり、四国に上陸するとまず目に飛び込んでくるのが「四国富士」です。

画像


この角度からだと、あまり富士山に似ていませんね(汗)
後ほどご紹介する金刀比羅の頂上から眺めの方が富士山に似ていると思います。

まずは琴平駅を目指します。

画像



8月15日(金)11時00分頃
琴平の駅に到着。
こじんまりしていますが、なんとなくこの感じが大好きです。

画像


駅のお店の窓に映ったNSXを撮影。(かっちょいい〜)
走行距離はすでに500km、ここまでお疲れ様〜。
やっぱり、NSXでのドライブは楽しいです☆

画像


さて、ここで親父(埼玉)にサプライズ電話☆
誕生日おめでとう&いま墓参りのために琴平駅にいることを伝えると、
めちゃめちゃ嬉しがってくれました。
前日、母の実家から電話したときとは明らかにトーンが違うじょ〜、父ちゃん!!(笑)

正確なお墓の位置がわからなかったので、父ちゃんにナビってもらい、お墓へレッツゴー。

琴平の駅から車で15分ほど走ると、黒川という駅に着きます。
駅の外観はこんな感じです。

画像


ホームに上がるとこんな感じです。

画像


はい、黒川駅です。

画像


時刻表です。大体2時間に一本のペースで運行されているみたいです。
ここの列車はディーゼル車です。最近の燃料高騰の影響をモロに受けていそうですね。
まぁ、それはNSXも同じですが・・・(笑)

画像


2時間に一本ならまだいいほうです。
母方の実家なんて、廃線になっちゃいましたから(汗)

この駅を祖父は利用したんでしょうか?

画像


ここで父方の祖父をちょっとご紹介。
残念ながらわたしが生まれてすぐに他界したため、共に過ごした思い出はありません。

祖父ちゃんはココ、琴平で生まれました。
小学校を出てすぐに、神戸へ単身丁稚奉公に出たそうです。
そこで侠客の娘である祖母ちゃんと知り合います。後に結婚。
祖父ちゃんと結婚したときは、祖母ちゃんは裁縫の先生(着物を仕立てる人)になっていたそうです(笑)
うちの親父が「やのつく自営業」みたいな風格をかもしだしているのは、
祖母ちゃんの影響とみてまず間違いないでしょう。

祖父ちゃんは自力で夜間の工業高校を卒業し、造船部門を持つ会社に就職します。
そして広島の呉で、あの戦艦・大和の何千人といる設計士(電気系技師)の一人となります。
GWに私が父親と長崎へ行ったとき、対岸に見えるタンカーの造船方法を父親がレクチャーしてくれたのも、
祖父ちゃんがその道の人だったからです。
私が小さいころの親父の口癖は「おまえの祖父ちゃんはすごい人だったんだ」でした。

こうして振り返ってみると、専門分野は異なりますが、
我が家系は親子3代に渡って電気系技術者の道を歩んでいます。
わたしが息子を授かればの話ですが、きっとその子も電気系技術者になっていくのでは(笑)

話が思いっきり横道にそれてしまいました。
気を取り直して、お墓参りへと参りましょう。

8月15日(金)12時00分頃
黒川駅から車で5分ほど走ったところ、見渡す限り田んぼの中に、宗家のお墓があります。
NSXを田んぼの脇に停め、墓前に跪いて、手を合わせ、持っていたタバコに火をつけます。
一口すって、御線香と一緒にお供えしました。

祖父ちゃんはコーヒーとタバコが大好きだったそうです。
親父もコーヒーとタバコが大好きです。
かくいうわたしも、コーヒーとタバコと甘いものが大好きです。
というわけで、お供え物はタバコで決定!!

タバコが一本燃え尽きるまでの間、色々考えました。
これからもがんばらねば、というのが結論でした。

短い滞在時間でしたが、祖父母を見送ることが出来ました。
福岡を出発して12時間が経過していました。
父親に報告した後は、観光タイムです。
といっても、四国・九州を制覇したときに、ここ琴平も着たことがあるので、
懐かしさを求めての観光になりました。

8月15日(金)13時00ごろ
宗家のお墓から5kmほど離れたところに、満濃池があります。
そう、あの弘法大師・空海が作ったため池です。
高野山に真言宗を打ち立てた空海は、ここ琴平が地元です。

はい。NSXと満濃池です。

画像


池全体が見えるようにもう一枚。

画像


やっぱりNSXがかっこいいので、もう一枚。

画像


8月15日(金)14時00分頃
琴平の町に戻ってきました。せっかくなので、金刀比羅さまにもお参りしていきましょう。
参道の入り口です

画像


ここから激しく長い階段をひたすら昇っていくことになります。

画像


ちょっと昇って、振り返るとこんな感じです。

画像


夜通し運転してきた疲れからか、思うように足が動きませんでした(笑)
以前、この階段を昇ったとき、わたしは・・・20歳でした。

画像


だいぶ昇ってきました。
ですが、本当につらいのはココからです。

画像


探してみたら、7年前の写真が出てきたので載せておきます。
昔はこんな感じだったんですね〜。
この年、OCに初参。大学2年生だった私は駅前誘導をやっていました。(かなり懐かしい)

画像


画像


参道唯一の平坦部。7年前とは出店の位置が若干変わっていました。

画像


お母さんを連れて一緒に昇る青年の姿を発見。
そういえば最近、母ちゃん孝行してないような。。。
まっ、母ちゃんの代理で実家に挨拶に行ったし、OKとしましょう☆

画像


忍者が出てきそうな回廊です。どことなく、高野山(和歌山)に似ています。

画像


最後の階段です。てっぺんまであと少し!!

画像


はい。てっぺんです。汗がすごかったです。息も上がってました。
7年前はそんなにつらかった記憶はなかったのですが。。。

画像


てっぺんから街を見下ろすとこんな感じです。
冒頭でご紹介した四国富士がきれいに見えます(写真左側)

画像


せっかくあがってきたので、お参りします。

画像


8月15日(金)15時00分頃
お参りした後は一直線に街まで降りてきました。
お腹も空いていたので、金刀比羅名物ぶっかけうどんをいただきます。

画像


8月15日(金)15時30分頃
ご馳走様でした、を合言葉に早速帰路に着きます。
倉敷(岡山県)においしいコーヒーを飲ませてくれる場所を知っていたので、
まずはそこを目指しましたが、持ってきたMacbookAirで調べると営業時間的に無理があり断念。
呉(広島県)にある大和ミュージアムにも寄りたかったのですが、
どうしても翌日の午前中には福岡に戻っている必要があり、そのまま帰ることにしました。

8月15日(金)16時00分頃
瀬戸大橋に入りました。これからゆっくり、福岡目指して帰ります。

ゆっくり福岡を目指すには理由があります。
夜中の0時を過ぎて福岡ICを降りれば、ETC割引(40%)が効くためです。

ですから、ものすご〜くゆっくり走って帰りました☆

8月15日(金)19時30分頃
何度も何度もこまめに休憩を入れながら、宮島SA(広島県)で休憩です。
名物もみじ饅頭を食べました。

8月15日(金)23時30分頃
壇ノ浦(山口県)付近を通過中。
福岡を出発してちょうど24時間が経過しました。このときが眠気のピークでした。

画像


こりゃ、やばいと思い、すぐにパーキングに入り、休憩タイム。
金刀比羅で無理をしたのが響いているようです。

8月16日(土)00時30分ごろ
気づくと結構寝てしまっていました。あわてて福岡目指して出発です。

8月16日(土)02時00分ごろ
無事、福岡の家に到着。ETC割引もバッチリ!

夏休みを締めくくる、良い思い出ができました。
今年の夏休みも充実したものにすることが出来ました。

明日からまた忙しい日常が始まります。
頭の中を仕事モードに切り替えて、今日は早めに寝る様にしたいと思います。

長文にお付き合いくださり、ありがとうございました。
それでは!!


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
行動がシブイ!
決まってるね〜
貴方様は良き信念を持っていらっしゃいますね♪

以前お父様は凄い!と思いましたが、
改めて貴方様もグレート!と感じます。
色々な意味で良き経験を積み重ねて、
今があるのでしょう。
ナイスなシブミ満点です。

追伸
OC今年もお邪魔させていただきましたよ〜
杉並W
2008/08/23 18:14
ご無沙汰をしております!
今年もOCに参加なさったんですね!!

後輩たちから色々報告を聞きながら、とってもうらやましい気持ちになりました(笑)

お褒めのコメント、ありがとうございます。
シブミのある男になれるよう、これからも頑張ります!!


スタッフその1
2008/08/27 21:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
26時間 往復1000kmの旅 スタッフその1のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる